読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラック医学生の害悪日記

受けループをメインにまったりレートをやってるJK2です☆

2ROM2000達成‐ミミッキュと共に‐

初めましての方は初めまして、それ以外の方はお久しぶりです。

今まではアメブロの方に記事を書いてましたが、心機一転こちらにブログを開設致しました。

 

さて、本題に入りますが今回は受けループから離れて、スタンパを自分なりに考えて、立ち回りを鍛えようと思い今回の構築を仕上げました。

 

f:id:aguloop_poke:20170117221534p:plain

 

 以下、個別解説です。

 

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:陽気

特性:化けの皮

143(100)‐142(252)-100-*-125-149(156)

鬼火/じゃれつく/シャドークロー/影うち

 

S:準速ミミッキュ、最速デンジュモク抜き

Aぶっぱ残りH

 

鬼火を入れてテッカグヤとポリゴン2が受けやすくする、コケコの起点を作る、ゲンガーの祟り目に繋げるなど縁の下の力持ち的な働きをしてくれた。

 

 

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病

特性:呪われボディ→影踏み

159(188)-*-101(4)-191(4)-123(60)-200(252)

鬼火/祟り目/ヘドロ爆弾/守る

 

XYからの相棒枠。メガ枠=メガゲンガーみたいな所がある。

普通に鬼火祟り目が強く、滅び型に対して汎用性が高い。

 

また、初手に呼ぶコケコに合わせて、初手守るをすることでZ10万+10万を耐えてヘド爆で葬ることが非常に多かった。無償で突破して3-2の状態からスタートって場面も多々あり。

ボルチェンを打ってきたらガブに交代して舞うことでeasywinってことも序盤は多かった。

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

性格:図太い

特性:トレース

自己再生/放電/冷凍ビーム/毒毒

191(244)-*-156(252)-125-117(12)-80

 

ゲンガーと相性の良い物理受け枠。

マンムーの地割れ、トドンの地割れ、クワガノンのギロチン、オニゴーリキュウコンの零度を一発でくらう芸人でもある。ドラゴンボールいくつあっても足りない…

 

ギャラ、マンダ、パル、アロガラなど環境に多い物理ポケモンを見れる点が強かった。

デンジュモク、ポリゴンZ起点にならないように立ち回ることを意識した。

 

 

ガブリアス@ドラゴンZ

性格:陽気

特性:鮫肌

183-182(252)-115-*-106(4)-169(252)

逆鱗/地震/炎の牙/剣の舞

 

レート界の主人公。ガブリアス初心者でも使いやすかった。

ギャラ、マッシブーンなどの中途半端な物理受けを許さないZ逆鱗は強かった。拘らないので次にも繋げられる。

 

 

カプ・コケコ@デンキZ

性格:臆病

特性:エレキメーカー

145-*-105-147(252)-96(4)-200(252)

10万ボルト/マジカルシャイン/瞑想/身代わり

 

上からフィールドの恩恵を受けての10万だけで強いし、見せ合い段階での圧力が大きいポケモン。受けループをみる駒の一つでもあり、何試合か1匹で勝ったことも多かった。

 

 

テッカグヤ@ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:ビーストブースト(B↑)

201(228)-*-155(252)-128(4)-124(20)-90(4)

宿り木の種/火炎放射/めざ氷/ギガドレイン

 

 物理受けの2枠目。

ハッサム意識の放射、マンダ、ガブ意識のめざ氷、ギャラドス意識のギガドレ。

回復ソースが宿り木と心許ないので食べ残しでも良いかも。

 

 

 

vs S1スタン(ガルガブゲンコケコカグヤ@1)

→ガブゲンカグヤ(テテフ入りにはスカーフコケコを切ってガブの代わりにミミッキュ)

 

初手ゲンガーから毎回入るので、@1がテテフで初手に来られるとかなりキツい

 

 

vs マンムーマンダジバコレヒレ系

→カグヤポリ2ゲンガー

 

基本的に@2は選出されず上記4体から選出され、初手8割マンムーを出される(実体験)

@2を警戒しつつ初手カグヤかゲンガー

 

 

vs壁始動積み構築(デンジュモクやポリゴンZ)

→ゲンガーコケコミミッキュ

 

積みの起点になるカモが2体も入っているので大体壁始動してくる。従って、初手ゲンガー(壁貼りが基本キュウコンorコケコなので安定する)

 

 

vs受けループ

→コケコガブ@1(毒回避のためゲンガーorカグヤ)

 

コケコをフィニッシャーにするため、コケコの障害になるポケモンを残り2枚で倒すことを目標に立ち回る。(天然持ちがいない場合はガブで3タテも可能)

大体ハピがくるので立ち回りの中でどう起点にするか考える。

(序盤滅ゲンを使っていたが、対策してない受けループが非常に多くて悲しくなった)

 

詳しい立ち回りに関しては参考になるレートでないこと、流行りの型に応じて変えていたことから省略させてもらいます。

 

 

シーズン1を通して、これだけやって2000は完全に実力不足だということを痛感した。

最終日サブロムで2000〜2050あたりをウロウロしてましたが最後は1900まで落ちたので集中力を鍛えてきます。

 

就職活動が始まるため、ポケモンに費やせる時間が今以上になくなるのが辛いですが、時間を見つけて次シーズン以降も少なくとも2000は載せたいと思っています。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

それではまた!

 

 

 

2000到達時の写真です。(受けルではありません)

f:id:aguloop_poke:20170117235951j:image